画像をクリックすると拡大画像が別に開きます(案内ページの画像を除く)。

ライトフレームの製作と使用例(1)

● ライトフレームとは

QT9651ライトフレームとは額装の一種です。内部照明付きで額装することまたはその額のことをいいます。

正面から見たところは普通の額と同じですが、額の後部に奥行3〜7センチの枠(泥足といいます)をつけ足し、泥足内のライトで照明する仕掛けとなっています。

泥足付きの額も市販されていますがライトフレームとしては使いづらいことがあります。当工房では普通の(泥足のない)額を購入し木枠は自分で誂えています。ライトはLED、電源は主に3VのACアダプターを使います。

ライトフレームは一般には市販されていないので、入手されたい場合は後段の製作手順を参考にして自作されるか当工房にご相談ください(製作講習もあります)。

 

● ライトフレームの効果

QT9651内部照明とフレーム構造との効果で額中の作品が明るく浮かび上がります。ライトや配線は外からは見えません。そのため通常の額照明(外部からの照明)のように外から光が当たっているというのではなく作品そのものが光を放っているように感じられます。

ただのポストカードでも意外なほどの生命感やスケール感を見せることがあります。

 

● ライトフレームの利用

QT9651使用例では主にポストカードを額装していますが、立体作品も置くことができます。泥足の奥行を長くすればジオラマを置くことも可能です。

ライトフレームの照明効果が最も良くわかるのはペーパークラフトや3Dシャドウボックスのような半立体作品かもしれません。

置き場所としてはテープルの上や本棚などに。薄型のライトフレームであれば壁にかけて照明器具として使うこともできます。

部屋やお店で装飾灯のように使われることを想定していますが、音楽会や絵本の読み聞かせ会、あるいは結婚式の披露パーティなどで使えば雰囲気を盛り上げる素敵な小道具になってくれるかもしれません。

 

● ライトフレーム使用例(画像をクリックすると拡大します)

 

QT9651(1) 気に入ったクリスマスカードを飾りました。このページの後段でこのフレームの製作手順を解説しています。

QT9651(2) いわさきちひろさんの水彩画のカード。鮮やかでやさしい色彩が額内照明で浮かび上がります。

QT9651(3) 藤城清治さんの切り絵のカード。切り絵との相性は抜群で、本当に後ろから光を透過させているように見えます。

QT9651(4) 横長のクリスマスカード。絵柄に空がある場合はたとえ夜空であっても青色の光を当てると映えます。

 

QT9651(5) 昔のポスター図柄を復刻したカード。古い絵柄を飾ると博物館で陳列ケースを見ているように思えたりします。

QT9651(6) これもクリスマスカードです。絵柄左の壁にスポットライトが当たっているように見せているつもりです。

QT9651(7) ディズニーの絵柄はライトフレームによく合います。ステージにスポットライトが当たっているような明かりにしました。

QT9651(8) フレームの中に切り紙細工を入れたもの。額装というより照明器具そのものです。単純な細工ですがいい陰影を作っています。

 

こちらは泥足を二段構造にし、後部にもライトのスペースを作ったものです。泥足の中程にカードを置くと後ろからの光がうまく透過します。絵に描かれている灯りが本当に光っているようにも見えますしイルミネーションや星のように見せることもできます。

QT9651(9) ツリーに電球、空には星が光っているように見せる試みです。カードに小さな孔を開け裏面にもLEDを置いています。

QT9651(10) 二つ折りのカードを切り離し、前後1センチの間隔を空けて置きました。間にもLEDを配置したところ不思議な立体感が生まれました。

QT9651(11) これも元々二つ折りのカードです。カードの間の明かりがステンドグラスから透けて見えるので、とても奥行があるような錯覚をします。

QT9651(12) 切り紙細工です。緑色の布を裏に貼ってツリーの形にしました。MERRY XMASの文字も切り抜きです。

 

QT9651(13) これも元は二つ折りのカードです。ドアの向こうにクリスマスツリーがあり、ようく見るとイルミネーションが光っています。

QT9651(14) #13に同じ。フレームに近づくとそれまで見えなかった左右の隅も見えるようになります。これは右奥をのぞいてみたところ。ドアの向こうもよく見えます。

QT9651(15) #13に同じ。これは左奥をのぞいたところです。このように見える範囲が変わるために錯視的効果が生まれるようです。

 

 

● ライトフレームの製作手順(基本)
 

最初にライトフレームの外枠を作ります。

QT9651(1) 額と泥足の材料。左は市販の縁(ハガキサイズ用)、右は泥足の材料(厚さ6ミリのシナベニヤ)です。

QT9651(2) シナベニヤを井桁に組みます。額の外寸よりタテヨコとも2〜3ミリ小さくします。奥行は3.5センチとしました。

QT9651(3) 泥足の内部を黒く塗装します。ツヤ消し黒色のラッカースプレーを使いました。

QT9651(4) 裏ブタを厚さ2ミリのベニヤ板で切り出しておきます。泥足の内側に向く面は黒く塗装しておきます。

 

つづいてマットを加工します。

QT9651(5) マットを加工します。好きな色のイラストボードと黒色のボード(厚さ1ミリ)各1枚です。

QT9651(6) イラストボード(左)にはハガキサイズ(10x15センチ)、黒ボードにはやや小さめ(8x12センチ)の窓を開けます。

QT9651(7) 黒のマットには奥行1〜1.5センチのヒサシをつけます。ライトや配線が見えないようにするためです。

QT9651(8) マットを額にはめ前面から見るとこんな感じになります。黒マットの窓サイズが飾るカードよりも小さいところがミソです。

 

最後に配線とライト(LED)取り付けです。泥足の装飾(布貼り)も行います。

QT9651(9) 泥足の内側に配線用銅テープを貼ります。2本のテープを約1センチぐらい間隔でほぼ一周させます。

QT9651(10) 泥足の外側に装飾用の布を貼ります。

QT9651(11) 布の端を泥足の内側に折り込み、全体を額の裏面に接着します。木工用ボンドで接着できます。

QT9651(12) 電源コードをハンダ付けします。LEDには極性があるので+とーがわかるようにしておきます。

 

QT9651 (13) LEDを直接ハンダ付けします。ここでは3Vの電源を使うため、LEDに抵抗をつける必要がありません。

QT9651(14) LEDの配置は自由ですがここでは上部に青色x2、左右の中ほどに白色x2、下部にろうそく色x2としました。

QT9651(15) 点灯を確認します。光が拡散するようにLEDにはシリコンキャップをかぶせています。

QT9651(16) 裏板の内側(黒く塗装済み)に額装するカードをテープ留めします。

 

QT9651(17) 電源コードをターミナルにつなぎます。ターミナルは3VのACアダプターにつながっています。

QT9651(18) これで作業は完了。これは点灯する前の状態ですからカードが少々くすんで見えます。

QT9651(19) 点灯したところです。空の青色、下の住宅の明かりの色がうまく強調されています。

 

● スイッチ、DCジャックの取り付け(オプション)
 

裏ブタを加工して配線パーツを取り付けると、フレーム側でもON-OFFができて使い勝手がよくなります。またACアダプターが直結できるのでターミナルもなくてすむようになります。

QT9651(20) 裏ブタの脇のスペースに配線パーツを取り付けました。

QT9651(21) 下(手前)からDCジャック、ヒューズホルダー、スイッチです。

QT9651(22) 裏面から見たところです。スイッチは上につけた方が使いやすいようです。

QT9651(23) ACアダプターをこのように直結することができます。

 

↓↓↓ 【詳細ノート・ライト製作】 ページ一覧 ↓↓↓

画像かタイトルをクリックするとそのページに移動(同一ウインドウ)します。

【電球とLEDについて】
QT5511
ミニチュア電球には様々な種類があります。ライト製作に最適の電球を選べるよう、電球の形状やサイズの違いについて説明します。
CK1010-12
差込球は専用のソケットに差し込んで使います。切れたときの交換が容易で見栄えも良いのですが小さいので取り付けには注意が必要です。
QT5473WW
電球色とろうそく色の発色の違いは言葉だけではわかりにくいので写真で比較しました。また同じ電球色でも色味にはかなり幅があるのでその発色比較もしました。
QT5492LEDTAPECOMPARISON
当サイトで販売しているLEDテープ灯は5種類あります。そのサイズがわかりやすいように写真で比較しました。
QT5433W
砲弾型LEDにコードをハンダ付けする手順を説明します。

 

  
【ライト製作過程と作例】
QT9161
1/48スケールのDHに使っているライトや小物の製作過程を記録したものです。詳しい作り方説明書ではありませんが参考にしてください。
QT9161
1/48スケールのチェストの製作過程です。
QT9651
お気に入りのカードをライトフレーム(照明付の額)に飾ってみませんか。使用例と製作手順を紹介しています。
  
【ライト製作キット(専用キット)を使ったライトの作り方】
QT4921
和風天井灯キット(品番QT4921)の説明書です。内容的にはパーツキットの和風天井灯とほぼ同じです。
QT4931
小行灯キット(品番QT4931)の説明書です。和室で床の間や枕元に置く小さな行灯です。 
QT4811
壁灯キット(品番QT4811)の説明書です。洋間に合う曲がりアームの壁灯を作ります。シェードを下向きにすることもできます。
QT4621
本物の薪が燃えているように見えます。囲炉裏の火にもなります。
星空ファイバーキット(品番QT4501)の説明書です。夜空に輝く20個の星を作ります。
  
【パーツキットを使ったライトの作り方】
QT5592
パーツキット(品番QT-5592)に含まれている材料・資料の一覧です。電球(12V用麦球)は10個ですがその他の材料はライト20個以上作れるぐらいの分量があります。
QT5592
プラ板、バルサ板を型紙に合わせてカットする方法、バルサ板の孔開け、電球台の作り方、布シェードのカット、しんちゅうリングの作り方など様々なライト作りに共通する技法です。
QT5592
和紙を折っただけのシンプルな行灯です。
QT5592
電球台だけのシンプルな壁灯です。
QT5592
和室に似合う天井灯です。内容的には「和風天井灯キット」のものとほぼ同じです。
QT5592
洋室や玄関ホールなどに合う天井灯です。
QT5592
欧米の住宅らしい雰囲気を出す外灯です。
QT5592
和室の室内灯にも建物の外灯にも使える壁灯です。枠を黒く塗ると洋風の建物にも合います。
QT5592
オーソドックスな形のスタンドです。シェードの作り方や取り付け方が少し難しいかもしれません。
QT5592
料亭の入口や露天風呂に置いてありそうな行灯です。
  
【その他】

(順次ご紹介していく予定です)