画像をクリックすると拡大画像が別に開きます(案内ページの画像を除く)。

調光器付きターミナルの使い方

QT5271(容量1A)およびQT5275(容量2A)の調光器付きターミナルは3つの操作ボタンで点滅パターンや明るさを一括制御することができます。

● ↓操作ボタンの説明タグ(クリックすると拡大されます)

QT5271

● 操作手順

QT5271(1) まず青色ボタンを長押しして初期状態(消灯状態)に戻します。
(2) 黄色ボタンを1回押して点灯(点滅なし)させます。
(3) 青色ボタンを押すごとに少しずつ暗くなりやがて最大光量に戻ります。
(4) 赤色ボタンを押すごとに点滅パターン(5種類)が変わります。
(5) (3)と(4)を繰り返して好みの点滅パターンと明るさに調整します。
   わからなくなったら(1)に戻します。

● QT5271(1A用)とQT5275(2A用)の調光機能の違い

QT5275QT5271(容量1Aの簡易ターミナル・写真右上)では差込穴(1組)に接続する全てのライトが一括調光されます。

QT5275(容量2Aの簡易ターミナル・写真右下)では2組の差込口のうち調光ユニットが接続されている方だけが一括調光されます。調光ユニットが接続されていない方は影響を受けません。

● 作動電圧

この調光器付きターミナルは電圧12V以上で作動します。3Vでは作動しません。

↓↓↓ 【詳細ノート・配線の技術】 ページ一覧 ↓↓↓

画像かタイトルをクリックするとそのページに移動(同一ウインドウ)します。

【ドールハウス全体の配線方法について】

簡易ターミナルを使った配線方法については照明教室 > 簡単な配線方法で解説しています。

QT5285
【概要】欧米でよく行われている銅テープ配線のやり方を解説します。簡易ターミナル配線と銅テープ配線をマスターすれば技術的にはほぼ完璧です。
【関連商品】銅テープ(QT5285)、銅テープ用接続コード(QT5287)
QT5002
【概要】1AのACアダプター1個で電球13個まで点けられます。しかしライトによって例外もあるので注意が必要です。計算の根拠と注意点(例外)を解説します。
QT5224
【概要】1Fと2Fなどを分離できるドールハウスに配線するときは子ターミナルを使って配線しておくと分離(移動)がやりやすくなります。
【関連商品】子ターミナル(QT5224)
  
【特殊な配線パーツの使い方/特長】
QT5681
【概要】LEDソケットを使えば砲弾型LEDを簡単に接続できます。着脱・取替えも非常に簡単になります。
【関連商品】LEDソケット(QT5681)
QT5265
【概要】ACアダプターでも乾電池でも使えるようにしておきたいときは2電源対応ターミナルを使えば簡単に切り替えできます。
【関連商品】2電源対応ネジ式ターミナル(QT5265)(販売休止中)
QT5271
【概要】ボタン操作だけでこのターミナルにつないでいるライトを暗くしたり点滅させたりすることができます。
【関連商品】調光器付き簡易ターミナル(QT5271、QT5275)
QT5292
【概要】プラグ式ターミナルはメーカー出荷時は裸コード(先端切放し)ですがDCジャックをつけてACアダプターとワンタッチで接続できるようにしました。
【関連商品】プラグ式ターミナル(CK1008-5、QT5292)
CK1003
【概要】1/12サイズのコンセント・プラグです。取り付けしやすいように追加したパーツの使い方/注意点を解説します。
【関連商品】極小コンセント(CK1003)、極小プラグ(CK1004)
CK800
【概要】天井灯をワンタッチでつけ外しできるパーツです。当工房で追加したパーツもあるのでその使い方/注意点を解説します。
【関連商品】天井灯用キャノピー(CK800)
  
【ライト(完成品)類関連 商品詳細/取り付け方】
QT2431
【概要】当工房オリジナルのLED蛍光灯パネルをドールハウスの天井に取り付ける方法を解説します。厚みがあるので天井裏に少々スペースが必要です。
【関連商品】LED蛍光灯パネル(QT2431)
QT2432
【概要】当工房オリジナルのLED蛍光灯パネルをドールハウスの天井に取り付ける方法を解説します。薄型なので天井裏のスペースがなくても大丈夫です。
【関連商品】LED蛍光灯パネル(QT2432)(販売休止中)
QT3671
【概要】ダウンライトはキット状での販売となります。天井への取り付け、固定方法を解説します。
【関連商品】LEDダウンライト(QT3671)
  
【安全上の注意事項】
CK1010-29
【概要】この電球を使用しているライトは本体の金属部分にも電気が流れるのでショートしないように注意が必要です。
【関連商品】炎型ネジ球(CK1010-29)および炎型ネジ球を使用しているライト全般
  
【その他】
QT4921

【概要】かつてデアゴスティーニ社から発売されていた「和風ドールズハウス(和風旅館)」の照明・配線方法について解説しています。「和風ドールズハウス」はキット商品ですが、照明・配線パーツは一切含まれていません。そのため照明・配線は全て自作することとなります。

「オープンギャラリー」のページに照明をつけた作品が載っていますのでそちらも参考にしてください。

【注意事項】この資料は旧サイト(2014年12月まで公開)のページを当時の内容のままPDFにしたものです。現在は販売していない商品や価格の異なるものが載っている場合もありますのでご注意ください。