画像をクリックすると拡大画像が別に開きます(案内ページの画像を除く)。

銅テープを使った配線

● 銅テープとは

QT5285幅5ミリの銅箔ロールで裏面が粘着テープになっています。これをドールハウスの床下や裏面に鉄道線路のように貼り渡すことによって配線コードの代わりとするものです。

ドールハウスの配線でよく使われるのは単線のシングルテープ(右写真)と複線のダブルテープ(銅テープが2ミリ間隔で2本並んでいるもの=右下の写真)です。

 

● 銅テープ方式の長所と短所

QT5285簡易ターミナルやプラグ式ターミナルのようにスペースをとらないため、狭い場所でも配線することができます。後段の配線例で紹介しているように1/48などの小型のドールハウスには銅テープ配線が最適です。

大型のドールハウスでも利点があります。ライトの近くまで銅テープを貼ることができるのでライトのコードが短くてすみます。ターミナル周りがコードでこんがらがるということがありません。

また海外でよく販売されているような半完成のドールハウス(ハウスの床や壁は組み立てられているが内外装がまだのもの)だとコードの配線が難しいため銅テープで配線するしかないという場合もあります。

QT5285短所としては、シングルテープはコードやライトのつけ外しにハンダ付けが必要なことです。その代わり接触不良はありません。

ダブルテープは表面が加工されているためハンダ付けが困難です。ライトを接続するときはハンダ付けでなく細いクギやピンを使いますがしばしば接触不良が起こるようです。

● 銅テープ配線の方法(基本)
 

銅テープ(シングルテープ)による配線の基本をサンプルボードを使って説明します。

(1) サンプルボード(左)とシングルテープ。

(2) 銅テープについている裏紙をはがし、1〜1.5センチぐらいの間隔で2本貼ります。

(3) テープがボードに密着するよう、よく押さえます。

QT5285(4) 銅テープと電源をつなぐための接続コードです。スイッチとヒューズがついています。

(5) 接続コードをつける位置に予備ハンダをしておきます。これでハンダ付けがしやすくなります。

(6) 接続コードをハンダ付けしました。

(7) 電源コードが引っ張られてテープが外れたりしないよう力留めを作っておきます。

QT5285(8) 接続コードを12V用ACアダプターにつなぎます。

(9) ライトのコードをつける位置にも予備ハンダをします。

(10) 12V用ライト(麦球)をハンダ付けしました。

QT5285(11) アダプターを家庭のコンセントに差し込めば点灯します。

 

● LEDをつける場合

LEDには極性があるので銅テープのどちらが+(プラス)かー(マイナス)かをはっきりさせておく必要があります。また12Vの電源を使うときはLEDも12V用に調整(抵抗を挿入)したものでなければいけません。

(1) LEDも同じように点灯させることができますが12V用に調整した(抵抗を装入した)LEDでないと壊れます。

(2) LEDには極性があるので2本のテープのうちどちらが+(プラス)になるか表示しておきます。

 

● 銅テープを直角方向に曲げる方法

銅テープを直角に曲げて貼る方法を覚えておくと、自由自在に貼り渡すことができるようになります。

(1) 銅テープを右方向(矢印の方向)に直角に曲げることにします。

(2) 曲げる方向とは逆方向に一度折ります。折り目は45°になっています。

(3) 左に曲げた部分を少し残したままで今度は右方向に折り曲げます。

(4) もう一本のテープも同様に折り曲げます。これで直角の折り曲げ完成です。

 

● 銅テープを継ぎ足すやり方

銅テープが貼っている途中で足りなくなることがあります。その場合にきれいに継ぎ足す方法です。

(1) テープがこのように途中で足りなくなった場合でも継ぎ足すことができます。

(2) 新しいテープを元のテープに少しだけ重ねて貼っていきます。

(3) 継ぎ目をハンダでブリッジすれば一本のテープとなります。

(4) テープをこのように直角方向に継ぎ足すこともできます。

 

 

● 銅テープを使った配線例

QT9541 QT9541(1) 1/48クリスマスルーム。配線スペースが少ないので床裏にテープ配線しました。

QT6401QT6401(2) 1/48コテージ。これも床裏にテープ配線しました。約20個のライトがついています。

QT9651QT9651(3) ライトフレームは木枠の内側にテープ配線しました。LEDはコードなしの直付けです。

QT5285(4) 1/12ドールハウス。裏面を使ってテープ配線しました。欧米でよく見られる配線です。

 

↓↓↓ 【詳細ノート・配線の技術】 ページ一覧 ↓↓↓

画像かタイトルをクリックするとそのページに移動(同一ウインドウ)します。

【ドールハウス全体の配線方法について】

簡易ターミナルを使った配線方法については照明教室 > 簡単な配線方法で解説しています。

QT5285
【概要】欧米でよく行われている銅テープ配線のやり方を解説します。簡易ターミナル配線と銅テープ配線をマスターすれば技術的にはほぼ完璧です。
【関連商品】銅テープ(QT5285)、銅テープ用接続コード(QT5287)
QT5002
【概要】1AのACアダプター1個で電球13個まで点けられます。しかしライトによって例外もあるので注意が必要です。計算の根拠と注意点(例外)を解説します。
QT5224
【概要】1Fと2Fなどを分離できるドールハウスに配線するときは子ターミナルを使って配線しておくと分離(移動)がやりやすくなります。
【関連商品】子ターミナル(QT5224)
  
【特殊な配線パーツの使い方/特長】
QT5265
【概要】ACアダプターでも乾電池でも使えるようにしておきたいときは2電源対応ターミナルを使えば簡単に切り替えできます。
【関連商品】2電源対応ネジ式ターミナル(QT5265)(販売休止中)
QT5271
【概要】ボタン操作だけでこのターミナルにつないでいるライトを暗くしたり点滅させたりすることができます。
【関連商品】調光器付き簡易ターミナル(QT5271、QT5275)
QT5292
【概要】プラグ式ターミナルはメーカー出荷時は裸コード(先端切放し)ですがDCジャックをつけてACアダプターとワンタッチで接続できるようにしました。
【関連商品】プラグ式ターミナル(CK1008-5、QT5292)
CK1003
【概要】1/12サイズのコンセント・プラグです。取り付けしやすいように追加したパーツの使い方/注意点を解説します。
【関連商品】極小コンセント(CK1003)、極小プラグ(CK1004)
CK800
【概要】天井灯をワンタッチでつけ外しできるパーツです。当工房で追加したパーツもあるのでその使い方/注意点を解説します。
【関連商品】天井灯用キャノピー(CK800)
  
【ライト(完成品)類関連 商品詳細/取り付け方】
QT2431
【概要】当工房オリジナルのLED蛍光灯パネルをドールハウスの天井に取り付ける方法を解説します。厚みがあるので天井裏に少々スペースが必要です。
【関連商品】LED蛍光灯パネル(QT2431)
QT2432
【概要】当工房オリジナルのLED蛍光灯パネルをドールハウスの天井に取り付ける方法を解説します。薄型なので天井裏のスペースがなくても大丈夫です。
【関連商品】LED蛍光灯パネル(QT2432)(販売休止中)
QT3671
【概要】ダウンライトはキット状での販売となります。天井への取り付け、固定方法を解説します。
【関連商品】LEDダウンライト(QT3671)
  
【安全上の注意事項】
CK1010-29
【概要】この電球を使用しているライトは本体の金属部分にも電気が流れるのでショートしないように注意が必要です。
【関連商品】炎型ネジ球(CK1010-29)および炎型ネジ球を使用しているライト全般
  
【その他】
QT4921

【概要】かつてデアゴスティーニ社から発売されていた「和風ドールズハウス(和風旅館)」の照明・配線方法について解説しています。「和風ドールズハウス」はキット商品ですが、照明・配線パーツは一切含まれていません。そのため照明・配線は全て自作することとなります。

「オープンギャラリー」のページに照明をつけた作品が載っていますのでそちらも参考にしてください。

【注意事項】この資料は旧サイト(2014年12月まで公開)のページを当時の内容のままPDFにしたものです。現在は販売していない商品や価格の異なるものが載っている場合もありますのでご注意ください。