【工房作品展示室】 WSG-017
湖畔の天体観測

展示整理番号
WSG-017
作品名または製品名

湖畔の天体観測

 
WSG017
サイズ
45x56x50cm(高さx幅x奥行)
スケール
12分の1
製作時期

2011年

その他
この作品は「Be-PAL(小学館発行)」の2011年12月号(「焚き火特集」)に掲載されたものです。

【作品(製品)の概要】

焚き火をモチーフにした光のジオラマです。背景を構成している空、山並み、湖、木の一部は切り紙細工です。

WSG017

(2) 作品の全体。

この作品の明かり要素は、星、夕焼け空(上部の青みと山の端の赤色)、湖の向こうに見える家の明かり、テント、ランタン、焚き火そして天体望遠鏡を照らしているスポットライトです。

WSG017

(3) 稜線(左側)。山の形は切り紙細工です。

(4) 稜線(右側)。湖の手前に見える木は切り紙細工とジオラマ用のパーツで作りました。

WSG017
WSG017

(5)天体望遠鏡には上部から白色のスポットライトを当てました。

(6) テント内の明かりとランタンだけが麦球によるものです。あとはすべてLEDです。

WSG017

 

ページトップに戻る